懸賞サイト

懸賞サイト

今日は休日。

しかしせっかくの休みなのに外はどしゃ降りの大雨。

外に出る気が起きません。

友達とショッピングの約束をしていたのですが、

台風による大雨のため、万が一電車でも止まってしまったら困るので延期しました。

そういうわけでかなりヒマを持て余してしまったのです。

DVDを借りようにも、外に出なければ行けないし、どうしましょう。

とりあえず何か面白い情報はないかと、インターネットを開いてみると、

ちょうど懸賞についてのニュースを見つけました。

昔は懸賞と言えばハガキで応募が当たり前だったのですが、

今はボタン一つで出来てしまうのですねぇ。

それならヒマつぶしに懸賞でも応募してみようかと、懸賞サイトを探しました。

すると、出て来る出て来る。

むしろありすぎてどれに応募しようか迷うくらいです。

とあるサイトに決めて応募をし始めると、

たしかに応募をするのはただなのですが、条件がメルマガ登録らしいのです。

メルマガ登録をして、そのメルマガにて後日当選番号を発表だと記載されていました。

おまけに発表されるのは当選番号なので、

懸賞に応募した際にもらう応募番号を控えておかなければいけないようです。

うーん。微妙にめんどくさいですね。

めんどくさがりやのわたしは、

例え当選したとしても自分が当選だということに気づかずに終わってしまいそうです。

ハガキを書かなくていいなんて楽そうだと思いましたが、

やはりそうはいきませんよね。

しかもこんなわけのわからない懸賞サイトにメルマガ登録をしたら、

一体どれほどのメールが来るか分かりません。

おまけにもれなく迷惑メールまでついてきそうな感じがしますよね。

そういうわけで、

一旦は懸賞の応募でヒマをつぶそうかと思ったのですが、やめることにしました。

きっとこういうのに当選するのは、

ただ単にヒマなだけではなくてマメであり、なおかつ絶対なにか当てたい!という執念のある人なのでしょう。

わたしのようになんとなくでは当たらなさそうな気がします。

それにしても、昔から宝くじや懸賞に当たったことなど1度もないのですよね。

こういうものって、きっと実際に当たっている人はいるのでしょうけど、

ついつい疑ってしまいます。

新型アウディA4

スーツの保管

急に夫がスーツを着る用事ができたので、会社から電話があり、「あと30分ぐらいで帰宅するから用意しておいて」と頼まれました。

夫は勤め人ですが、普段はポロシャツにチノパンといった程度の格好で出勤しています。また、週末などでちょっとお出かけといった時もスーツより、ジャケットを羽織る人なのでほとんどスーツの出番がありません。たぶん、今年は4月の末っ子の入学式の際に着ただけではないでしょうか。

……というわけで、あわててクローゼットからスーツをとりだしてきたわけですが、するとけっこうシワがついてるんですよ。

ちゃんとカバーかけて吊るしているんですが、なにしろ服がパンパンに詰まっているクローゼットなので服がよれてしまったみたいなんですね。

アイロンをかけようと持ってきてスイッチをいれ、早速かけてみたのですが。

シャツにアイロンかけるのと違って、スーツのような固い、厚い生地の皺やヨレを直すのって簡単じゃないんですね!

スチームを使えばいいのではないかと思ったのですが、うちのアイロンは古くてスチーム機能を動かしてみても、思ったようにスチームが出てこないのです。

あんまりアイロンあてすぎてもテカテカしてしまうし、当て布つけるとあんまりシワがとれないし、焦ってしまいました。

なんとか見れるぐらいにはしましたが、そうして吊るしてながめてみるとなんとなく洋服の型もくずれている印象を受けます。

案の定、帰宅した夫は不機嫌になって「こういうのはすごくみっともないんだ」などと言います。そんなこと言われても、こちらとしても自分が悪いわけではないのでムッとしつつ、またアイロンがけをしたり、タオルをまるめて肩のあたりにいれてアイロンをあてたりと、奮闘して、夫を納得させましたが。

やっぱり大事な服とかきちんとしたスーツの類は、もう少し保管の仕方に気をつけないとダメですね。

それにこういうものは、案外と急に着る必要に迫られることもあり、またそういうときというのは公式だったり大事な会食などのことが多いわけで、なおさら服装の身だしなみといったものが大事です。

日頃から、着ない時期が続いても季節の変わり目などにきちんとお手入れをし、保管方法も別にしてもっと大切に扱おうと思いました。